本文ヘジャンプします

JPFA-SP-S:2014とは?

国土交通省が平成14年3月に示した「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」の内容に沿って、遊びに伴うリスクを適切に管理し、物的ハザードのうち重大な事故につながるおそれのあるものを中心に除去するという観点から平成14年10月に遊具の安全規準(案)JPFA-S:2002が策定されました。
その後講習会等の意見、遊具事故の課題をふまえて平成20年8月改訂版遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008が取りまとめられました。

一般社団法人日本公園施設業協会では、急速に老朽化する社会資本のメンテナンスを的確に行える技術者の養成が求められていることから、平成27年度か ら、公園施設の定期点検を適正に遂行できる点検技術者の認定・登録制度を創設いたしました。
これに伴って、「遊具の安全に関する規準JPFA‐SP‐S:2014」(以下、「本規準」という。)の中に、新設した「公園施設点検管理士」及び「公園施設点検技士」の 位置づけ等を行う必要が生じたために、平成27年7月7日付で本規準を改正いたしました。


関連リンク社団法人日本公園施設業協会