本文ヘジャンプします

点検・修繕

点検・修繕
メーカーだから出来る点検・修繕・更新のトータルサービス
点検・修繕

近年、遊具の老朽化が急速に進み、それに起因する事故が報道され、遊具の安全点検の必要性が叫ばれています。国土交通省が1月9日に公開した「都市公園における遊具の安全管理に関する調査の集計概要について」という報道発表資料を見てもそれを裏付けることが出来ます。20年以上経過した遊具は4割にも上ります。そこで国は「都市公園安全・安心対策緊急総合支援事業」を開始し、5年計画で自治体の事業を支援することを表明しています。

遊具の点検には公園管理者が行う「日常点検」と専門技術者が行う「定期点検」・「精密点検」があります。大永ドリーム株式会社は長年培った設計・製造・施工技術をベースに遊具の定期点検業務を行っています。

遊具の定期点検にはその遊具が長年の使用によってどれくらい劣化したかを判定する「劣化診断」と、現行の遊具の安全規準「JPFA-S:2008」に遊具が適合しているか否かを判断する「規準診断」とがあります。

それでは遊具の劣化とは具体的にどの様な状態を言うのでしょうか?
この滑り台のデッキ(踊り場)は縞鋼板が腐食して赤錆で盛り上がっています。
ブランコの吊り金具は軸受けのコロが脱落して軸の位置が合っていません。この様な状態で使い続けると異音がするだけでなく、金具の磨耗が急速に進みます。
ブランコの鎖(ロックチェーン)も金属同士が日々擦れ合っているので磨耗を避けることが出来ません。
ノギスを使用して残った鋼材の太さを測定して記録します。
部材の劣化は金属だけではありません。高温多湿の日本では木材の腐朽は急速に進み、外観からはその度合いを容易に確認することが難しいのです。点検ハンマーで叩いて音を聞き腐朽の程度を推定し、木材と地面が接しているときはシャベルなどで地面を掘り返して腐朽しているかどうかを確認する作業を行います。
遊具の構造が安全規準に適合しているかを調べるのが「規準診断」です。
この写真ではスケールを使って階段の手摺の間隔を測定していますが、日本公園施設業協会が開発した専用の検査器具を使用すると目盛の読み違えも避けられ、写真を見てどの場所がどの規準に合致しているか否かを直ちに判断することが出来ます。
柵などの間隔は100mm以下であることが決めれていますが、この器具が通過する場合は不適合です。
チェーンやネットの場合、この器具が通らないと不適合となります。つまり子供の体がすり抜けることが出来るか否かを判定しているのです。
このT型の器具は設置面から1mの高さで鎖の間隔が650mm以上あるかどうかを判定することが出来ます。
このステンレス製の器具は先端が8mm、根元が25mmとなっています。直径8mmの先端が入り、25mmが入らないような穴は不適合です。またスプリング遊具の点検ではスプリングの間隔が25mm以上あるかどうかを判定することが出来ます。
点検が完了した器具には、「点検済」であることが確認できるステッカーが貼付されます。
JPFA落下衝撃測定器の紹介
必要に応じてJPFA落下衝撃測定器を用いて、遊具等設置面の落下衝撃吸収性能を測定することも可能です。大永ドリームは公的研究機関の要請により公園の地盤・ゴムマット等の測定を行った実績があります。
この測定器は半球状の筐体内部に3軸の加速度センサーと、センサーからのデータを処理し、これを記憶し表示する装置が組み込まれています。表面の液晶ディスプレイはGMAX(最大加速度、単位はG)、落下距離(単位はcm)、HIC(頭部障害基準、無次元の数値で1000以下が望ましい)が表示されます。操作方法は簡単で装置をセットして自由落下させるだけです。
落下は一瞬なので高速度撮影(300fps)を行っています。約30秒後ディスプレイにGMAX 46、HIC 112、DIS(落下距離)118cmと表示されました。この測定から良く整備された砂場の衝撃吸収性能が優れていることが分かります。
この装置は連続してデータ10個を保持し、直近のデータではXYZ3軸の生データを記憶しています。これらのデータはUSBを経由してPCで表示することが可能です
点検・修繕・更新のプロセス
大永ドリームは公園管理を全面的にバックアップします。
見積:点検対象の公園を特定し、見積条件を協議の上決定します。
点検の実施:経験豊富な専門技術者が点検作業を行います。
報告書の提出:視覚的に分かりやすい報告書を速やかに提出いたします。今後の公園管理に役立つ電子データもお任せ下さい。
改善計画の提案:点検の結果、改善すべき個所を特定し、計画書を提出いたします。
修繕または更新の見積:物的ハザード等の不適合の程度に応じて修繕または遊具の更新の見積をいたします。
修繕または更新:メーカーならではの設計・生産・施工技術で対応いたします。
完了:安心・安全な公園の完成です!
点検報告書
報告書の雛形はお問い合わせ下さい。

この業務を行うのは日本公園施設業協会が認定した専門技術者(公園施設製品安全管理士、公園施設製品整備技士)であり、大永ドリームには多数の有資格者が在籍し、日々業務を遂行しています。
JPFA-S:2008における技術者の定義は以下の通りです。
写真2.jpg

31)専門技術者:JPFA が認定した公園施設製品安全管理士および公園施設製品整備技士を指す。

32)公園施設製品安全管理士:必要な実務経験や知識を有し、JPFA が実施する講習を完了し、認定試験に合格した者。

※公園施設の計画・設計・製造・施工・点検・修繕などの業務の安全性を判定することができる。


写真1.jpg

33)公園施設製品整備技士:必要な実務経験や知識を有し、JPFA が実施する講習を完了し、認定試験に合格した者。


※公園施設製品安全管理士の指導管理・監督のもとで、公園施設の点検および修繕全般に関する業務を行うことができる。