本文ヘジャンプします

遊具の安全

遊具の安全
 子供は、遊びを通して冒険や挑戦をし、心身の能力を高めていくものであり、それは遊びの価値のひとつでもありますが、冒険や挑戦には危険性も内在しているものでもあります。子供の遊びに内在する危険性が遊びの価値のひとつでもあることから、事故の回避能力を省くむ危険性あるいは子供が判断可能な危険性であるリスクと、事故につながる危険性あるいは子供が判断不可能な危険性であるハザードとに区分できます。

リスク
  リスクは、遊びの楽しみの要素で冒険や挑戦の対象となり、子供の発達にとって必要な危険性は遊びの価値のひとつです。子供は小さなリスクへの対応を学ぶことで経験的に危険を予測し、事故を回避できるようになります。子供が危険を予測し、どのように対処すれば良いか判断可能な危険性もリスクであり、子供が危険を分かって行うことは、リスクへの挑戦です。

ハザード
  ハザードは、遊びが持っている冒険や挑戦といった遊びの価値とは関係のないところで事故を発生させる恐れのある危険性です。子供が予測できず、どのように対処すれば良いか判断不可能な危険性もハザードであり、子供が危険を分からずに行うことは、リスクへの挑戦とはなりません。